<<  2007.10 >>
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 
リンク
その他
  • RSS2.0
  • Credit

  • SEO
    loading

    プライバシーポリシー

カテゴリー » Linux » openSUSE October 26, 2007

openSUSE10.3 したこと、思ったこと、感じたこと その2 Linux

いわゆる一つのスタートメニューが独特で戸惑う。普通のメニューにするには
KDE:右クリックして「KDEメニュースタイルへ切り替える」をクリック
GNOME:パネルのアプレットで「従来のGNOMEメニュー」を追加

字体はIPAフォントに変えるといいかも

Ubuntuの「追加と削除」のような、一般的なアプリケーション用の管理ツールが欲しい

セキュリティーを高めるアクセス制御の仕組は、Fedoraで使われているSELinuxではなくAppArmorを採用。SELinuxは「許可したアプリケーション以外はすべて動作を制限・設定が難しいしめんどくさい」。AppArmorは「指定したアプリケーションだけを制限・簡単だけど安全性は落ちる」という違いがあるらしい。その扱いにくさからSELinuxを無効にする人は多い(私もその一人)。でもAppArmorなら有効のままでもストレスを感じることはないっぽい。

コマンドラインのパッケージ管理は zypper

デフォルトで沢山のパッケージが入っているのはいいが、使いもしないソフトもいっぱいあるような気がする。例えば最近の日本語入力は scim-anthy で行うのが一番ポピュラーだけど、それ以外に uim, kinput2, canna, scim-canna, skim-scim-canna, scim-uim. uim-qt, canna-libs, skkdic, scim-skk, skim-scim-skk が入っている。kinput2 なんていつの時代のやつやねん。削除削除


少し前にSUSEの事を「Ubuntuより初心者向けだと思われる」と書いたけど、そうでもないな。
09:18 pm | コメントする |

上の記事に対するコメント

1. m-kun  2007/10/29 01:07
>デフォルトで沢山のパッケージが入っているのはいいが、使いもしないソフトもいっぱいあるような気がする。
使う人が使うパッケージを選択肢の中から選べば良いのであって、提供する側で選択肢を絞り込んでしまうのは良くないという事ではないかと思います。
>Ubuntuの「追加と削除」のような、一般的なアプリケーション用の管理>ツールが欲しい
YaST(YaST2)のパッケージ管理そのものではないかと思いますけど...違うんでしょうか。
起動時の初期画面みたら検索しかできない様に見えますけども...。
yumex、Smart等もありますが...。

2. Owner CommentSawa  2007/10/30 01:52
>選択肢を絞り込んでしまうのは良くない
そういう考え方のようですね。

>Ubuntuの「追加と削除」
厳選(?)されたパッケージしか表示されないUbuntuの「アプリケーションの追加と削除」が好きなんです。
YaSTやSynapticは消すと大変なことになる細かいパッケージも表示されますが、
「追加と削除」はデスクトップで使う代表的な物しか出てきません。
私だけかもしれませんけどLinuxをよく知らない頃、ある程度はグループ化されているとはいえ、
何千とあるパッケージを前に戸惑った記憶があります。
慣れてない人にはこういうのでちょうど良いんじゃないかと。
誤ってGNOMEごと消したりすることもありませんし(一度依存関係でごっそり消してしまったことがあります)

コメントをどうぞ。名前とURLはオプションです。

Comment Form
NAME:
URL:
文字色:  

累計:924632、今日:418、昨日:2620
Created in 0.0233 sec.