<<  2008.1  >>
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
リンク
その他
  • RSS2.0
  • Credit

  • SEO
    loading

    プライバシーポリシー

カテゴリー » つぶやき January 20, 2008

Vine Linux 4.2 : mplayer、ffmpeg、xine-ui の RPM

Fedora(rpm.livna.org)の MPlayer などを Vine4.2 で rebuild してみました。ファイルをこの辺に置いておきます。よろしければどうぞ。

(【注意】これを書いてる間に self-build-mplayer がアップされました)

まずは動画再生の最も定番 MPlayer をインストール。
# apt-get install self-build-setup
# apt-get install libstdc++34 SDL libdv fribidi self-build-libdvdcss self-build-lame
# rpm -Uvh mplayer-1.0-0.88.rc2vl1.i386.rpm \
mplayer-fonts-1.1-4vl1.noarch.rpm mplayer-gui-1.0-0.88.rc2vl1.i386.rpm \
enca-1.9-3vl2.i386.rpm faac-1.25-4vl1.i386.rpm libdca-0.0.5-2vl1.i386.rpm \
libdvdnav-4.1.1-4vl1.i386.rpm libdvdread-4.1.1-4vl1.i386.rpm \
libmp4v2-1.5.0.1-5vl1.i386.rpm libmpcdec-1.2.6-3vl1.i386.rpm \
lzo-2.02-3vl1.i386.rpm mplayerplug-in-3.45-2vl1.i386.rpm \
x264-0-0.10.20070819vl1.i386.rpm xvidcore-1.1.3-1vl1.i386.rpm
動画のエンコードもするなら
# rpm -Uvh mencoder-1.0-0.88.rc2vl1.i386.rpm twolame-libs-0.3.12-1vl1.i386.rpm
ついでにffmpegも。Youtubeやニコニコ動画向けの FLV の作成・変換に ffmpeg は大人気?
# apt-get install faad2 imlib2
# rpm -Uvh ffmpeg-0.4.9-0.41.20071011vl1.i386.rpm ffmpeg-libs-0.4.9-0.41.20071011vl1.i386.rpm  a52dec-0.7.4-11vl1.i386.rpm  gsm-1.0.12-5vl1.i386.rpm
最後に xine-ui をば。動画を見るのはこれが一番と思っている私。
# apt-get install xine-lib xine-lib-alsa xine-lib-opengl xine-lib-w32dll curl
# rpm -Uvh xine-0.99.5-1vl1.i386.rpm

なぜか設定画面の日本語が文字化けするので英語にする
# rm /usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/xine-ui.mo
最後に Binary Codec Packages の Linux x86 用ファイルをダウンロードして /usr/lib/codecs に展開。これで divx(Stage6), xvid, x264, wmv, rm… 大抵の動画は再生できるはず。市販のDVDビデオを見るのもOK。

ついでに Compiz Fusion も作ろうかと思いましたが、もうすぐ新バージョンの compiz7 がリリースされそうなので、しばらく待つ。

≪追記≫
さっき VinePlus を確認したら self-build-mplayer というファイルが増えていてビックリ。昨日まで無かったのに…なんというタイミング。 日々のあしあとの人が作ってくれたらしいです。これをインストールすると自動でコンパイルとインストールがなされます。再生のみなら私が作った RPM なんて使わず
# apt-get install self-build-setup
# apt-get install self-build-mplayer self-build-mplayer-codecs
とした方がいいです。mencoder で動画のエンコードもするなら、先に lame xvidcore x264 を入れておかないと、-lameopts -xvidencopts -x264encopts できないので不便ですが。

ところで、上のように self-build-*** と self-build-setup をバラバラに install しているのは、同時に入れると自動で RPM がインストールされないからです。必ず先に self-build-setup を入れておく必要があります。バグかと思ったけど事前に単独でインストールしておいてください、とあるので仕様なんですね。知らなくて混乱したよ…
03:47 pm | コメントする |

上の記事に対するコメント

1. NONAME  2012/01/16 08:35
助かりました!

コメントをどうぞ。名前とURLはオプションです。

Comment Form
NAME:
URL:
文字色:  

累計:1025438、今日:422、昨日:1340
Created in 0.018 sec.