<<  2008.9  >>
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
 
リンク
その他
  • RSS2.0
  • Credit

  • SEO
    loading

    プライバシーポリシー

カテゴリー » ソフトウェア » Win・Linux September 30, 2008

VMware Workstation 6.5 / Player 2.5 (build-118166) WindowsLinux

定番仮想化ソフトのVMwareに新バージョンが登場。日本語サイトにはまだ無いので英語の公式サイトからダウンロード。

えーと、Linux版の配布パッケージが RPM の他に .bundle という拡張子になりました。見たことない名前ですが、単に実行すればいいだけ。Ubuntuだったら
$ sudo bash VMware-Workstation-6.5.0-110068.i386.bundle
≪前バージョンは事前にアンインストールしておく≫
あと今回から vmware-config.pl が無くなって、カーネルモジュールの作成が必要となった場合は自動でコンパイルされるみたい。

で、変更点ですけど、Micco's HomePage が画像付きで詳しいです。遂にDirect3Dに正式対応! 動作可能な3Dゲームが大幅増! 実際にやってみたところ、VMware Toolsをアップデートして、ディスプレイの設定「Accelerate 3D graphics (DirectX 9.0c)」を有効にすれば、既存の仮想環境でもゲームが動きました。それと新機能のUnity(ユニティー)モードの時、左上(ホストがWindowsなら左下?)にマウスカーソルを持っていくと、ゲストOSのメニューが表示されるのね。

Record Replay(レコード&リプレイ)って何? 動作をそのまま記録できるの?

VMPlayerでも 3D と Unity mode は .vmx に
unity.showBorders = "TRUE"
unity.showBadges = "TRUE"
unity.enableLaunchMenu = "TRUE"
mks.enable3d = "TRUE"
と書いておくと動くと思います(まだ試してません)
11:47 pm | コメントする |

上の記事に対するコメント

1. 神楽  2008/10/02 22:26
playerでvmwaretoolsはどう手に入れるのが一番ですか?
いつも悩みます

2. Owner CommentSawa  2008/10/10 18:53
player 2.0の時はVMware-Toolsが同梱されていたのに、2.5では無くなってますね。
Workstation6.5をダウンロードして抜き出すしかないと思います。

やり方ですけども、
Windows hostの場合
1. VMware-workstation-6.5.0-118166.exe を実行
2. 表示されるセットアップ画面はそのまま触らない
3. エクスプローラーのアドレス欄に %TEMP% と入力してEnter
4. {A3FF5CB2-FB35-4658-8751-9EDE1D65B3AA}~setup というフォルダの中に移動
(人によって名前が違うかも。とにかく長い名前)
5. Tools.cab という書庫を解凍すると windows.iso や linux.iso がある
6. isoをゲストのCDドライブにマウント

Linux hostの場合は
bash VMware-Workstation-6.5.0-110068.i386.bundle -x /tmp/vmws
とやると、/tmp/vmws/vmware-workstation/lib/isoimages/ に iso が展開。
-x は存在しない場所を指定しないと駄目で、既にあるディレクトリだと
ValueError: Specified extraction dir /tmp exists
と文句を言われる

こんな感じでいけると思います。
しかし、アレですよ。playerだけ使うとしても、workstationの方をインストールする方が楽じゃないですかね。playerも同梱されているので、期限切れになっても使えるし。

3. シボ  2008/10/12 10:02
記事見てさっそくためしてみました!...ですけど、dxdiag.exeの「direct3Dのテスト」を行うと

VMware Player unrecoverable error: (mks)
Exception 0xc0000005 (access violation) has occurred.
A log file is available in "C:\vm\xp1\vmware.log". A core file is available in "C:\Documents and Settings\user1\Application Data\VMware\vmware-vmx-6684.dmp". Please request support and include the contents of the log file and core file.
To collect files to submit to VMware support, run "vm-support.vbs".
We will respond on the basis of your support entitlement.

などというログが表示されて仮想マシンが停止されてしまいます。
今使っているPCがスペックが低めなものなので、そのことが問題なのかもしれませんが、それでもどうにかして動かしてみたいです、何か解決策を教えてください。。

ホスト側の環境は
WinXPのSP3で、celeron cpu 1000MHz 1.00GHz 504MB RAM です、
仮想マシンはVMware Workstation 6.5 で
http://uokiti.blog86.fc2.com/blog-category-3.html
http://scripts.web.fc2.com/VMware/
のサイト様を参考にさせていただいて作成しました。。

4. Owner CommentSawa  2008/10/12 15:22
ゲストもwindows xpなんですよね?
メイプルストーリーの参考サイトには .vmxに「svga.vramSize = ""」を書けとありますが 6.5 では無い方がいいと思います。
それと有効にすると、ビデオメモリ分だけホストの消費メモリが増えます。ゲストのメモリを多めに設定していると起動しないでしょう。

MapleStoryは以前から重いながらも動作していたということで、DirectX正式対応になった6.5では、そこそこ軽快に動くかと思います。

5. Owner CommentSawa  2008/10/12 15:47
というか、やっぱりスペック不足で動かないだけだと思いますよ。
マニュアルのグラフィックの箇所を簡単に訳すとこんな感じです。確認してみてください。


・ホストの準備
何はともあれ、ビデオカードがちゃんとDirectX9に対応していないと駄目。対応しているなら
1. グラフィックのドライバを最新にする
2. デスクトップを「右クリック→プロパティ→設定→詳細設定→トラブルシューティング→ハードウェアアクセレータ」が最大になっているかを確認

・ゲストの準備
1. vmware-toolsを入れる
2. ディスプレイの設定で3D Graphicsを有効にする
3. DirectX9.0をインストール

6. シボ  2008/10/12 19:11
早々と回答ありがとうございます!

OSはXPのhomeです、ご指摘いただいたとおり.vmxからビデオカードのメモリ設定を消去してホスト、ゲストの準備を確認してもう一度ためしてみましたが同じようにエラーがでてしまいます。ビデオカードは「direct3Dのテスト」をしてもエラーなど出ずに動作していたので対応しているみたいです、ただグラフィックのドライバは古いものだそうでこれ以上の新しいものはないみたいです。

念のためホスト側に「メイプルストーリー」をインストールして起動させてみましたが、違和感なく動作しているようでした、それなのに「directxのテスト」ですらエラーがでてしまうほどスペックが足りていないのでしょうか、
しつこく質問させていただいてすいません!どうにか確認してみたいんです。。

7. NONAME  2008/10/13 17:58
これまで動かなかったエロゲーが動きました

8. Owner CommentSawa  2008/10/14 01:53
スペックというか、あくまで「DirectX 9世代以降のビデオカード」が必須条件のようです。それ以降でしか対応していない命令を使うのでしょう。

最新の超絶パソコンでもビデオカードが古かったら、ゲストでDirect3Dは有効にならないです。パソコンが古くてもビデオがマシだったら動きます。

何にせよCeleron 1GHz の頃のマシンでは無理でしょうね。

9. シボ  2008/10/16 15:10
そうなんですか。。残念ですけど諦めるしかないんですね、コメント欄での質問なのに回答してくれてありがとうございました。。

10. NONAME  2008/10/28 00:38
VMware Tools の入れ方を教えてください
Shared Foldersを設定してもできません。
ホストがVistaでゲストがUbuntu 8.10 Βです

11. Owner CommentSawa  2008/10/29 18:52
playerなんですよね?
上のコメント「2」のようにしてisoを手に入れてCDドライブにマウント。
Workstationだったら普通にメニューからマウント。
/media/VMware Tools/VMwareTools-6.5.0-118166.tar.gz を解凍して
sudo vmware-tools-distrib/vmware-install.pl でEnter連打

だいぶ前にlive-cdで試しましたが /mnt/hgfsの共有フォルダ、クリップボード共有は動作を確認。
でもLiveCDだからなのか、マウスのシームレス移動はできませんでした。

12. ぴこ  2009/01/27 12:39
VMware上のD3DサポートはホストマシンのOPENGLと言うAPIに渡して、そこからホストマシンのD3Dで描画させているらしいです
なのでホストマシンのビデオカードが古いもしくは3D機能未搭載だとエラーが出ると思います。2000年頃に発売されているようなCeleron500MHz~1GHz周辺のノートパソコンだと3D機能未搭載の機種が多いので、大半の物は動かないと思います。
また、Vmwareの複数CPUサポートは1スロット2コアの最近主流のCPUではなく
2スロットの複数CPUサポートなので、WindowsXP/Vista Homeでは片方側のコアしか使用できません。ご注意を(プロフェッショナルやビジネル版ならマルチプロセッサが認識可能なので使えます)

13. ショボン  2009/02/27 19:18
ワークステーション6.5だと3Dゲーム動いたんですがプレイヤー2.5だとエラーでて終了しますorz
何が悪いと思います?

14. Owner CommentSawa  2009/03/01 17:34
ゲストは全く同じ環境なんですよね?
Workstationでスナップショットを取ってからToolsを入れて、そのままplayerで動かしているとか?

15. ショボン  2009/03/02 00:09
んとー
XP内でXPを動かしている状況ですね・・・プレイヤー入れてからワークステーション2.5から抜き取ったTolls突っ込んでみました。
上のほうにある数行を入力して起動すると 起動→数十秒で休止モードへ→起動不可に陥りましたorz

16. Owner CommentSawa  2009/03/02 22:21
無理にplayerを使うのではなく、ゲストの環境を完成させるまではWorkstationを使うことをお勧めします。

XPのインストール → Windows Update → DirectXのアップデート → メニューからToolsのインストール

上の必須作業が終わるまではWorkstationを使うと楽です。上でも書きましたが中にはPlayerも入っているので、Workstationが使えなくなっても大丈夫。

17. ショボン  2009/03/03 10:56
あー何度も何度もわかりやすく解説ありがとうございました。
最初に言えばよかったのですがOS持ってなかったので別PCをコピーして使ってました・・・
もしかしたらそっちが原因かも知れないので30日間で遊び倒しますw

コメントをどうぞ。名前とURLはオプションです。

Comment Form
NAME:
URL:
文字色:  

累計:1025438、今日:422、昨日:1340
Created in 0.015 sec.