<<  2009.8  >>
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
 
リンク
その他
  • RSS2.0
  • Credit

  • SEO
    loading

    プライバシーポリシー

カテゴリー » ソフトウェア » Linux August 19, 2009

CoreAVC for Fedora and Ubuntu (MPlayer) part1 Linux

CoreAVC というコーデックを使えば、貧弱なCPUでもフルHDのH.264動画をスムーズに再生する事ができるらしい、って事で試してみました。動画再生支援付きのビデオカードがあるので、別に必要ないのですが、物は試しです。

CoreAVCはWindows用のコーデックなので、そのままでは使えない。coreavc-for-linux で配布されているパッチを当てる必要がある。パッチを当てたMPlayerのFedora用RPMを作りました(mplayerとdshowserverをインストールしてください)
RPM置き場

Ubuntuな人はPPAにあるMPlayerdshowserverをGETすればいいです。

で、使い方ですけど、何はともあれコーデック本体を入手する必要があります。私は試供品の「Trial Edition 1.9.5」をダウンロードしました。ネットを検索すると、一昔前のフリー版(?)、alpha版(?)が見つかりますが、ラインセンス的にはグレー(真っ黒?)のようですな。手に入れたらそれをwineの仮想的なWindows環境にインストールして、ファイルをコピーする。以下はFedoraの場合のコマンド例
$ su -c "yum -y install wine"
$ wine CoreAVC*Setup.exe
(シリアルキーは適当で良い。Haali Media Splitterは不要)
$ su -m -c "cp ~/.wine/drive_c/Program\ Files/CoreCodec/CoreAVC*/CoreAVCDecoder.ax /usr/lib/codecs/"
(Ubuntuの場合は /usr/lib/win32/ にコピーする)

Windowsを持っている人は、Windowsからコピーしてもいいです
次に動作に必要な nvcuvid.dll を入手してコピー
$ curl -O http://neuron2.net/dgmpgdecnv/dgmpgdecnv100b.zip
$ unzip -d dgmpgdecnv dgmpgdecnv100b.zip
$ su -c "cp dgmpgdecnv/nvcuvid.dll /usr/lib/codecs/"
(Ubuntuの場合は /usr/lib/win32/)
最後にregistercodecコマンドでシリアルキーを設定。Editionによって少し違うので注意
$ test -d $HOME/.mplayer || mkdir $HOME/.mplayer
$ export REGISTRY=$HOME/.mplayer/registry32

Trial Editionの場合
$ registercodec -r $REGISTRY -k "HKLM\\Software\\CoreCodec\\CoreAVC Trial\\Serial" -v "*****-*****-CORE-*****-*****"

Professional Editionの場合
$ registercodec -r $REGISTRY -k "HKLM\\Software\\CoreCodec\\CoreAVC Pro\\Serial" -v "*****-*****-CORE-*****-*****"

今は亡きStandard Editionの場合
$ registercodec -r $REGISTRY -k "HKLM\\Software\\CoreCodec\\CoreAVC\\Serial" -v "*****-*****-CORE-*****-*****"

part2に続く…
11:53 pm | コメントする |

上の記事に対するコメント

1. うぶんちゅ  2009/08/24 00:56
Ubuntuのやり方が分かりません。どうやってインストールするのですか?
初心者なのでコマンドは苦手です。できるだけ控えてくださるとうれしいです

2. うぶんちゅ  2009/08/24 01:00
CoreAVCDecoder.axはもう持ってます

3. Owner CommentSawa  2009/09/03 22:42
PPAの追加パッケージをUbuntuで利用する方法ですが、

1. https://launchpad.net/~rvm/+archive/mplayer を開く
2. 「Display sources.list entries for」で、自分の使っているバージョンを選択
3. その下の「deb http://ppa.launchpad.net/rvm/mplayer/ubuntu **** main」行をコピー
4. [システム]→[システム管理]→[ソフトウェア・ソース]→[サードパーティのソフトウェア]→[追加] でさっきの「deb http://~」を貼り付けて追加
5. https://launchpad.net/~ripps818/+archive/coreavc に対しても同じようにする

ここから先はGUIの操作で書くと面倒なので、コマンドで書かせてください(^^

えーと、上でリポジトリの登録はできましたが、これだけだと「公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした」と文句を言われます。それが嫌なら、端末で
sudo apt-key adv --recv-keys --keyserver keyserver.ubuntu.com 03E02400
sudo apt-key adv --recv-keys --keyserver keyserver.ubuntu.com EEB23232
してください。そして
sudo apt-get -y install mplayer dshowserver

CoreAVCDecoder.axを/usr/lib/win32/にコピーします
sudo cp CoreAVCDecoder.ax /usr/lib/win32/

nvcuvid.dllを/usr/lib/win32/にコピーします(ver-1.9.5以前は不要)
wget http://neuron2.net/dgmpgdecnv/dgmpgdecnv100b.zip
unzip -d dgmpgdecnv dgmpgdecnv100b.zip
sudo cp dgmpgdecnv/nvcuvid.dll /usr/lib/win32/

もし入れてないなら、ついでにw32codecsもインストールしておくといいと思う
wmv等が再生できて幸せ
http://packages.medibuntu.org/jaunty/w32codecs.html

後は export REGISTRY=~ して registercodec してください

4. うぶんちゅ  2009/09/05 23:30
ありがとうございます。でも音だけで画面が出ません。CoreAVCDecoder.axはhttp://freesoft.tvbok.com/movie_encode/about_codec/coreavch264mp4.htmlのFree-Codecs.comからダウンロードしました

5. Ubuntu初心者  2010/08/22 20:52
CoreAVCのインストール方法を探してて、こちらにたどり着きました。
最後のエディションごとのところで、
registercodec: command not found になってしまうのですが、Ubuntu10.04では、やり方が違うのでしょうか。

調べてもわからずに困り果てているところです。
もし、何か知っていれば教えていただけないでしょうか。

コメントをどうぞ。名前とURLはオプションです。

Comment Form
NAME:
URL:
文字色:  

累計:1547584、今日:1286、昨日:3651
Created in 0.0149 sec.