<<  2007.6  >>
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
リンク
その他
  • RSS2.0
  • Credit

  • SEO
    loading

    プライバシーポリシー

カテゴリー » Linux » Fedora June 25, 2007

x86_64 (Fedora 7) で 難儀した事・してる事 Fedora

メリットよりデメリットの方が大きいという現在の64bit版。いろいろ動かない事を覚悟しておりました。

・checkinstall(installwatch) コンパイルエラー
ソースからインストールする時に自動でrpmを作るcheckinstall。最新の1.6.1にはMD5がどうのこうののバグがあるので、1.6.0 を使っているのですが、Fedora7のx86_64環境では
$ make
make -C installwatch-0.7.0beta4
gcc -Wall -c -D_GNU_SOURCE -DPIC -fPIC -D_REENTRANT -DVERSION=\"0.7.0beta3\" installwatch.c
installwatch.c:260: warning: conflicting types for built-in function 'log'
installwatch.c: In function '__instw_printdirent64':
installwatch.c:873: warning: format '%lld' expects type 'long long int', but argument 4 has type '__
ino64_t'
installwatch.c:873: warning: format '%lld' expects type 'long long int', but argument 5 has type '__
off64_t'
installwatch.c: In function 'fopen':
installwatch.c:2307: warning: cast from pointer to integer of different size
installwatch.c:2322: warning: cast from pointer to integer of different size
installwatch.c: At top level:
installwatch.c:2675: error: conflicting types for 'readlink'
/usr/include/unistd.h:777: error: previous declaration of 'readlink' was here
installwatch.c: In function 'fopen64':
installwatch.c:3176: 警告: キャストによってポインタから異なるサイズの整数となります
make: *** [all] Error 2
こういうエラーで止まる。他のディストリビューションでは動いてるんだ!!、という事で、Debianのパッケージを覗くと installwatch.c.fix.patch が同梱されていた。適用すれば警告が出まくりだけど make は成功。あとは checkinstall 本体のスクリプトを /usr/lib → /usr/lib64 に置換して解決。

・Beep Media Player の歌詞表示プラグインが動かない
歌詞表示plugin(bmp-lyrics-plugin-0.5-1.fc7.src.rpm)を使いたいが故に、開発が止まって久しいBMPを未だに愛用している今日この頃。AudaciousBMPx 共にまともなプラグインがないのである。しかし、x86_64環境では
$ make
lyrics.c:97: 警告: initialization from incompatible pointer type
make[1]: ディレクトリ `/tmp/lyrics-plugin-0.5' から出ます
gcc lyrics.o -o liblyrics.so `pkg-config --libs bmp` -ljconv --shared
/usr/bin/ld: lyrics.o: relocation R_X86_64_32 against `ly_vp' can not be used when making a shared o
bject; recompile with -fPIC
lyrics.o: could not read symbols: Bad value
collect2: ld はステータス 1 で終了しました
make: *** [all] エラー 1
make が失敗する。検索するとamd64で共有ライブラリ[妄想日記]というページを発見。「CFLAGS=`pkg-config --cflags bmp` $(ADD_CFLAGS) -fPIC」して解決…と思ったら
$ beep-media-player
シグナル SIGSEGV を受け取りました。
これは BMP のバグの可能性があります。発生の原因が不明な場合は、 に報告して下さい。
zsh: 16500 abort      beep-media-player
駄目だ、プラグインを有効にしていると落ちる。仕方ないので32bit実行ファイルを持ってきて、必要なライブラリ(rpmでインストールするのは嫌)を環境変数LD_LIBRARY_PATHで読み込ませて動かす事に
02:11 am | コメントする |

カテゴリー » 戯言 June 23, 2007

ウエイターの股間が凄いモッコリしていたら [ひろぶろ]

http://www.hiroburo.com/archives/50345697.html

見るなっていう方が無理
07:44 pm | コメントする |

カテゴリー » ソフトウェア » Linux June 22, 2007

GnoCHM : CHM file viewer Linux

http://gnochm.sourceforge.net/

Windowsで一般的に使われているHTMLヘルプファイル(*.CHM)の閲覧ソフト。

WineでWindowsのソフトを動かす時など、たまにヘルプが見たい場合がある

1182448293_gnochm.png
02:20 am | コメントする |

カテゴリー » 戯言 June 21, 2007

老人憩いの家?

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=43641

シュールすぎて笑った。
07:17 pm | コメントする |

カテゴリー » ソフトウェア » Windows June 19, 2007

Taksi : Screenshot/video-capture program for 3D applications. Windows

http://taksi.sourceforge.net/

3Dゲームの画面を動画ファイルとして撮影する事が可能なキャプチャーソフトです。DirectX(Direct3D)/OpenGLに対応しています。コーデックがインストールされていれば DivX や Xvid で圧縮しながらの保存が可能。でも音声の録音は今の所できません。

同じような物にFrapsがありますがシェアウェアで、シリアルを入れない無料版だと30秒の制限があります。この Taksi は嬉しい事にフリーソフトウェア(オープンソース)。音が無いという欠点も、仮面舞踏会♪(Baile de disfracas)などのサウンドキャプチャーソフトで録音して、適当に結合すればいいんじゃないかと。

使い方は簡単。
  • F6 録画開始
  • F7 一時停止
  • F8 録画終了
  • F9 スクリーンショット
  • Ctrl+F9 小さくスクリーンショット
最初に「Config」でファイルの保存場所と動画のfps(デフォルトの5fpsは少いと思う)を設定。録画の対象となるウィンドウは「App Hook」を青色にした状態で、撮りたいゲームを起動したり、ウィンドウをクリックする事で決めます(対象の左上には黄緑の四角が表示、フルスクリーンだと出ない)。

と、ここまで書いておきながらあれですが、私の環境では作られる動画がカクカクしまくりで、全く使えなかったりする。fpsを上げても効果無し。3Dゲーム用ではない普通の画面キャプチャーソフトの方がマシなぐらいだ。どうして? こんちくしょー

YouTubeにTaksi Test Video (AVI)なんていうムービーがあるのだから動く人は動く?

≪追記≫
似たソフトにDxCaptureがあります
Direct3D ゲームを動画キャプチャーできるフリーソフト「DxCapture」
01:47 am | コメントする |

累計:442431、今日:404、昨日:2008
Created in 0.023 sec.