<<  2007.10 >>
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 
リンク
その他
  • RSS2.0
  • Credit

  • SEO
    loading

    プライバシーポリシー

カテゴリー » 戯言 October 24, 2007

とにかく、『w』を羅列しまくるドメインサイト一覧

http://byokan-sunday.haru.gs/2007/10/post_55.html

うひゃひゃ、wwwwwwwwwwwwwwwwwwww....com/ (w×64) は日本人が持ってるのね。

他にも長いドメインのサイトはいろいろあって、円周率zzz.....eu/
などがあります。

そういえば世界一長いフリーメールアドレスサービスなんてのもあるな。
11:50 pm | コメントする |

カテゴリー » Linux » openSUSE October 23, 2007

openSUSE 10.3 したこと、思ったこと、感じたこと その2 Linux

最初からflash-player・RealPlayer・java-sun が入っていて、他にもAdobe ReaderやOpera、アンチウイルスのAntiVirも用意されております。他のディストリビューションが極力オープンソース以外を入れないようにしているのとは対照的。マイクロソフトと提携なんかもしたりして、その辺はどうでもいい?

とはいえ、デフォルトではAmarok・Totem・Kaffeine PlayerでMP3やMP4(AAC)、DivXの再生ができない。Multimedia - openSUSE-Communityの codecs-kde.ymp と codecs-gnome.ymp でコーデックをインストールすれば、大抵の音楽や動画が再生できるようになる。w32codec も入るので WMV(wmv9) の再生も大丈夫。市販DVDビデオの再生もこれでいけるらしい。

あ、でもAmarokはmp3を再生時に落ちる。サウンドエンジンの設定を「GStreamer/yauap engine」→「xine」に変更すると大丈夫。謎。

他にもPackmanなどからMPlayerやVLCをお好きなように

Fluendo社の有料のデコーダーを購入する人はいるのだろうか…

1クリックインストールは簡単だけど、既に導入済みのパッケージまでダウンロードするため時間が掛かる。嫌。

≪追記≫
mp3が再生できないと書いたけどプレスリリースには
デフォルトのメディアプレイヤー であるBanshee(TM)とAmarok用に、すぐに使える状態でMP3をサポート しています。
とある。OSのインストール時に私が無効にした?
11:57 pm | コメントする |

カテゴリー » ゲーム » 市販ゲーム October 22, 2007

Enemy Territory: Quake Wars 体験版が一応動いた

http://www.etqw.jp/ (Enemy Territory: Quake Wars:Japan)
http://www.4gamer.net/games/021/G002144/20070911016/ (4Gamer.net)
http://www.enemyterritory.com/ (公式サイト)

ETQWの日本語マニュアル付き英語版が11月9日に発売されるらしい。Enemy TerritoryシリーズはLinux版も用意してくれるのが嬉しいんだよね。

Linuxの体験版で遊んでみる。GNU/Linux FAQに書いてあるようにBitTorrentで ETQW-demo-client-1.1-full.r5.x86.run をダウンロード。そして chmod +x して実行。後は etqw.x86 を動かしてゲームを起動。適当に名前を付けてPUNKBUSTERとやらをチェックしてサーバに接続してプレイ開始。

解説を全く読まず、予備知識も無くルールも知らずに動き回ってみましたが、未来が舞台なのですね。戦車、装甲車、ヘリコプターが出てきてバトルフィールドっぽい内容ですな。ルールが複雑? ヌルい私には荷が重そう。

思ったより軽い。Athlon64 3200+、Geforce 6800でも一応動かない事もない。でも画質 low なので我慢できないぐらい画面が汚いけど。

01:26 am | コメントする |

カテゴリー » 戯言 October 19, 2007

あこがれの北朝鮮ツアー(北朝鮮旅行記)

http://d.hatena.ne.jp/canarykanariiya/20051008 (一日目・平壌へ)
http://d.hatena.ne.jp/canarykanariiya/20060304 (二日目・北から見た境界線)
http://d.hatena.ne.jp/canarykanariiya/20051010 (三日目・平壌一日観光)
http://d.hatena.ne.jp/canarykanariiya/20051011 (最終日・帰国)

いやー、面白かった。実際に行った人の話ってあまり聞かないもんね
01:18 am | コメントする |

カテゴリー » Linux » openSUSE October 18, 2007

openSUSE 10.3 したこと、思ったこと、感じたこと Linux

前回の続き?

GNOMEの「ソフトウェアのインストール(Package Selector)」が変態的な操作法で発狂。嫌がらせのような使い辛さに涙が出る。調べてみると
 ・suse - yast2-gtkは絶対にインストールしない方がいい
 ・opensuse10.3 gnomeのYast2ソフトウェア管理が激しく使いづらい件
という記事を発見。書いているように sudo zypper remove yast2-gtk で解決。開発者は本当にこれを使っているのか? 製品版がリリースされるまでに改良するつもり?

Beagleは削除。デスクトップ検索いらない。ハードディスクのガリガリ嫌

IDEハードディスクでも /dev/sda で認識。今後全てのディストリビューションでそうなるのね

ご自慢の設定ツール(YaST)は便利だけど、何かするたび「環境設定の保存」で待たされるのが嫌

日本語化が微妙。英語の箇所が結構目に付く。

「Community Repositoryes」は少なくとも“Packman”は追加しておくと幸せに。ソフトがだいぶ増える。他のサードパーティ・レポジトリも必要なら有効に。

/etc/fstab にFAT32(vfat)のパーティションを自動でマウントするようにしても失敗する。後から手動で mount -t vfat とコマンドを打てば問題なし。謎。
06:57 pm | コメントする |

累計:915800、今日:2106、昨日:2183
Created in 0.0148 sec.