<<  2007.11 >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
 
リンク
その他
  • RSS2.0
  • Credit

  • SEO
    loading

    プライバシーポリシー

カテゴリー » Linux » Fedora November 21, 2007

Fedora 8 : 音が鳴ったり鳴らなかったり Fedora

新しく取り入れられた PulseAudio が上手くいってないようです。Linuxの音を出す仕組みは oss, alsa, esd(esound), arts, gstreamer, JACK Audio ってな感じにいっぱいあって混沌状態。PulseAudioとはこれらをまとめ上げるプロクシ・サウンドサーバ。ユーザがどんな仕組みかを気にすることなく音が聴けるようにする物、との事。

検索するとPulse Audio Potential Issues という情報を発見。デーモンの ConsoleKit と avahi-daemon が有効になってないと駄目らしい。でも普通にこれらは動いてます。他にも「Linux奮闘中! -某OSとも共存-」というサイトに以下の記事がありました。

PulseAudioなかなかよいかも知れない
サウンドデバイスの権限問題解決法

この方も私と同じFedora7からFedora8に上げた環境。確かに /dev/snd/* のパーミッションは root 以外はお断り状態になっています。でもVMwareに新規インストールした環境でも同じ状態なんですが… そっちは音が出ます。これが普通のようです。っていうかですね、新規インストールした環境でも、OSSドライバで動くRealPlayerの使用中は他に音が出ない。あれれ、OSSに対応してないの?

あー、OSSドライバを要求するプログラムは padsp をかます必要があるのか。RealPlayerの場合はこんな感じ。
$ padsp realplay
いちいちこんな事をする必要があるなんて、魅力半減です。

何かいろいろやっているうちに
*** PULSEAUDIO: Unable to connect: Connection refused
と表示されて、全く音を受け付けなくなってしまいました。PulseAudioが自動で起動しなくなったっぽい。自分で pulseaudio -D しないとダメ。 ううぅぅ、もういい、終了。こんなもん無効にしてやる
# yum remove alsa-plugins-pulseaudio
これだけでもいいんだけど、もう使わないので rpm -qa | grep pulse で表示されたパッケージも削除削除(pulseaudio-libs以外)
これで今まで通り。すっきりした
11:12 pm

上の記事に対するコメントです

1. code_air_edge (Website)  2007/11/22 02:28
はじめまして。いつも拝見させていただいているサイトで、まさか自分のBlogがリンクされるとは思ってもみませんでした^^;
むむ、VMwareに新規で入れたFedora8だと、/dev/snd/*がroot権限にしか開かれていなくても音が鳴るのですか、不思議ですね・・・。
確かに、PulseAudioは無効にした方が今のところは幸せそうです。Skypeも使えなくなっちゃいましたし^^;
将来性には期待しているんですけれどねぇ。難しい所です。

2. Owner CommentSawa  2007/11/22 23:58
今日は。世間は狭いですね。
今のところPulseAudioは音が遅延したりしてあまり良いとは思えません。
音を飛ばすことも私はしないし、alsaだけでええやないかと
それでですね、パーミッションの秘密がわかりました。
Fedora8からはUNIXの伝統的な権限管理を捨てて、ACLでアクセス制御されているんですよ。
/dev/ 以下のサウンド関係のファイルだけのようですが
getfaclコマンドで確認すると

$ getfacl /dev/dsp
user:sawa:rw-

こんな感じにログインしたユーザ(sawa)は読み書きの権限を、ACLで付与されます。
さすが最新を追い求めるFedoraだけのことはあります

3. code_air_edge (Website)  2007/11/23 00:15
ACLですか、初めて知りました。
今後のパーミッション関連はACLも注意しなくてはいけない、ということになるのですね。
う〜ん、さすがFedora。追いかけるのが大変だ^^;

コメントする |

カテゴリー » 戯言 November 19, 2007

U15三国志 ロリータケツ出しエレジー その16 日本終了でやんす! [下載共有日報]

http://www.downloaders.cn/2007/11/17023604.html

『すきっぷじゅにあ ケント君! 4歳』… うひゃひゃ
いったいどういう層が買うのだ?

どうでもいいけど、U-15 って潜水艦の意味かと思ったら「15歳以下」の事なんですね。検索したらアイドルビデオの情報が沢山ヒットして驚いた。
07:24 pm

上の記事に対するコメントです

1. キャロ  2007/11/23 05:32
普通にかわいい少年と言うか子供の笑顔が好きな人では?
ショタの人は4歳ってことで全く反応してないようですよ。
男女ともにそう言う嗜好の人は11,12歳辺りを好むようですし。

コメントする |

カテゴリー » Linux » Fedora November 19, 2007

Fedora 8 : Compiz Fusion で 3Dデスクトップ Fedora

私のビデオカードはGeforce 6800。まずはビデオドライバを入れる
# rpm -Uvh http://rpm.livna.org/livna-release-8.rpm
# yum install kmod-nvidia
# reboot
RADEON は持ってないのでよく知らないのですが、ATIでメーカーの fglrx ドライバを使う場合はこの辺を参照。kernel-2.6.23 と fglrx-8.42 の組み合わせにはパッチを当てないと動かない? そういえば ver-8.42.3 から AIGLX に対応しましたが、Xgl 無しだとまだまだ駄目駄目らしい。

compiz-fusion をインストール
# yum install compiz-fusion compiz-manager ccsm compiz-fusion-extras emerald emerald-themes fusion-icon
そしてGNOME環境で使うなら
# yum install compiz-fusion-gnome compiz-fusion-extras-gnome fusion-icon-gtk
KDEだと
# yum install kicker-compiz compiz-kde fusion-icon-qt
当然、全部入れてもOK。後は fusion-icon を動かせばいいだけですが、その前に gnome-compiz-manager を事前にインストールしてあるなら、邪魔なので削除した方がよかです。
# yum remove gnome-compiz-manager
そしてデスクトップ効果(desktop-effects)の設定も、有効になっていたら無効に。これらの設定ツールを有効にしていると無駄な処理が増えるというかなんというか… とにかくCompizに関することは全て fusion-icon で管理するのが吉。

ログイン毎に自動起動させる
自分のみ有効
$ cp /usr/share/applications/fusion-icon.desktop ~/.config/autostart/
全ユーザで有効
# cp /usr/share/applications/fusion-icon.desktop /etc/xdg/autostart/
スタートアップを止めさせる場合はコピーしたファイルを削除するか、セッション(gnome-session-properties)で無効に

KDEの kicker-compiz はパネルにあるデスクトップの切り替えを compiz に対応させた物です。元からあるアプレットの代わりに「デスクトッププレビューとページャ - Compiz」を追加するといい感じ。仮想デスクトップを切り替えても、別のデスクトップの中身がちゃんと見える。

今現在 Fedora8 のリポジトリには通知スペース(システムトレイ)にアイコンを表示する fusion-icon がありません。無いと不便なので誰かが作っているはずだ! と検索すると、案の定 www.lordmorgul.net/pub/compiz/ にありました。感謝感謝雨あられ。

≪追記≫
独学Linuxさんに開発版 CompizFusion-0.6.99 の記事があります。

≪追記 2007/12/19≫
レポジトリに fusion-icon が入ったので修正
01:05 am | コメントする |

カテゴリー » Linux » Fedora November 17, 2007

Fedora 8: 日本語ファイル名・パスワード対応 unzip と lha Fedora

いつものように RPM を作成

unzip-5.52-5.fc8_ja.i386.rpm
unzip-5.52-5.fc8_ja.x86_64.rpm
lha-1.14iac20050924p1-2.fc8.i386.rpm
lha-1.14iac20050924p1-2.fc8.x86_64.rpm

unzip は Ubuntu-jp チームのパッチを含んでいます。lha と共に Windows で作った日本語ファイル名(sjis)を含む書庫を、文字化け無く utf8 で展開できるはず。zip のパスワード入力も文字コードを気にしなくてOK

Windowsで圧縮した zip や lzh を Fedora8 で解凍する機会があるなら、入れておくと幸せに。
07:26 pm

上の記事に対するコメントです

1. 笛寅八助  2008/08/05 10:46
いつも楽しく拝見しています。

すいませんが、残っていたら unzip-5.52-5.fc8_ja.x86_64.rpm
再upしていいだけませんでしょうか。 リンク先からなくなってるみたいです。


F8がもう少しで終了ですが、なんか巷で聞く噂ではいろいろF9が不調っぽくて、
そろそろ観念してF9にupgradeするか、いっそubuntuに乗り換えるか考え中です。

2. Owner CommentSawa  2008/08/05 19:31
今はskydriveに置いてます

Fedora9はいろいろ時期尚早な物を導入して変な状態ですね。
FedoraもUbuntuも11月頃には新バージョンがリリースされるでしょうから、今はFedora8を使い続けるのがいいかと思います。
乗り換えるかどうかは、Fedora10とUbuntu8.10の様子を見てからでも遅くはないかと

3. 笛寅八助  2008/08/06 01:24
F9用のパケジと同じところにあったんですね。気がつきませんでした。
おかげで字化けが直り、助かりました。

そうですね、それまでF8のメンテは続くでしょうし、
この際、11月まで様子を見るのも手ですね。

いろいろありがとうございました。

コメントする |

カテゴリー » 戯言 November 16, 2007

ヘルシング中の聖句

http://www.aurora.dti.ne.jp/~eggs/hellsing.htm

作者の頭が逝っちゃってるであろうHELLSINGですが、一応いろいろ調べて書かれてるんですねえ。
11:13 pm | コメントする |

累計:871500、今日:947、昨日:1776
Created in 0.0259 sec.