<<  2008.9  >>
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
 
リンク
その他
  • RSS2.0
  • Credit

  • SEO
    loading

    プライバシーポリシー

カテゴリー » ソフトウェア » Win・Linux September 30, 2008

VMware Workstation 6.5 / Player 2.5 (build-118166) WindowsLinux

定番仮想化ソフトのVMwareに新バージョンが登場。日本語サイトにはまだ無いので英語の公式サイトからダウンロード。

えーと、Linux版の配布パッケージが RPM の他に .bundle という拡張子になりました。見たことない名前ですが、単に実行すればいいだけ。Ubuntuだったら
$ sudo bash VMware-Workstation-6.5.0-110068.i386.bundle
≪前バージョンは事前にアンインストールしておく≫
あと今回から vmware-config.pl が無くなって、カーネルモジュールの作成が必要となった場合は自動でコンパイルされるみたい。

で、変更点ですけど、Micco's HomePage が画像付きで詳しいです。遂にDirect3Dに正式対応! 動作可能な3Dゲームが大幅増! 実際にやってみたところ、VMware Toolsをアップデートして、ディスプレイの設定「Accelerate 3D graphics (DirectX 9.0c)」を有効にすれば、既存の仮想環境でもゲームが動きました。それと新機能のUnity(ユニティー)モードの時、左上(ホストがWindowsなら左下?)にマウスカーソルを持っていくと、ゲストOSのメニューが表示されるのね。

Record Replay(レコード&リプレイ)って何? 動作をそのまま記録できるの?

VMPlayerでも 3D と Unity mode は .vmx に
unity.showBorders = "TRUE"
unity.showBadges = "TRUE"
unity.enableLaunchMenu = "TRUE"
mks.enable3d = "TRUE"
と書いておくと動くと思います(まだ試してません)
11:47 pm

上の記事に対するコメントです

1. 神楽  2008/10/02 22:26
playerでvmwaretoolsはどう手に入れるのが一番ですか?
いつも悩みます

2. Owner CommentSawa  2008/10/10 18:53
player 2.0の時はVMware-Toolsが同梱されていたのに、2.5では無くなってますね。
Workstation6.5をダウンロードして抜き出すしかないと思います。

やり方ですけども、
Windows hostの場合
1. VMware-workstation-6.5.0-118166.exe を実行
2. 表示されるセットアップ画面はそのまま触らない
3. エクスプローラーのアドレス欄に %TEMP% と入力してEnter
4. {A3FF5CB2-FB35-4658-8751-9EDE1D65B3AA}~setup というフォルダの中に移動
(人によって名前が違うかも。とにかく長い名前)
5. Tools.cab という書庫を解凍すると windows.iso や linux.iso がある
6. isoをゲストのCDドライブにマウント

Linux hostの場合は
bash VMware-Workstation-6.5.0-110068.i386.bundle -x /tmp/vmws
とやると、/tmp/vmws/vmware-workstation/lib/isoimages/ に iso が展開。
-x は存在しない場所を指定しないと駄目で、既にあるディレクトリだと
ValueError: Specified extraction dir /tmp exists
と文句を言われる

こんな感じでいけると思います。
しかし、アレですよ。playerだけ使うとしても、workstationの方をインストールする方が楽じゃないですかね。playerも同梱されているので、期限切れになっても使えるし。

3. シボ  2008/10/12 10:02
記事見てさっそくためしてみました!...ですけど、dxdiag.exeの「direct3Dのテスト」を行うと

VMware Player unrecoverable error: (mks)
Exception 0xc0000005 (access violation) has occurred.
A log file is available in "C:\vm\xp1\vmware.log". A core file is available in "C:\Documents and Settings\user1\Application Data\VMware\vmware-vmx-6684.dmp". Please request support and include the contents of the log file and core file.
To collect files to submit to VMware support, run "vm-support.vbs".
We will respond on the basis of your support entitlement.

などというログが表示されて仮想マシンが停止されてしまいます。
今使っているPCがスペックが低めなものなので、そのことが問題なのかもしれませんが、それでもどうにかして動かしてみたいです、何か解決策を教えてください。。

ホスト側の環境は
WinXPのSP3で、celeron cpu 1000MHz 1.00GHz 504MB RAM です、
仮想マシンはVMware Workstation 6.5 で
http://uokiti.blog86.fc2.com/blog-category-3.html
http://scripts.web.fc2.com/VMware/
のサイト様を参考にさせていただいて作成しました。。

4. Owner CommentSawa  2008/10/12 15:22
ゲストもwindows xpなんですよね?
メイプルストーリーの参考サイトには .vmxに「svga.vramSize = ""」を書けとありますが 6.5 では無い方がいいと思います。
それと有効にすると、ビデオメモリ分だけホストの消費メモリが増えます。ゲストのメモリを多めに設定していると起動しないでしょう。

MapleStoryは以前から重いながらも動作していたということで、DirectX正式対応になった6.5では、そこそこ軽快に動くかと思います。

5. Owner CommentSawa  2008/10/12 15:47
というか、やっぱりスペック不足で動かないだけだと思いますよ。
マニュアルのグラフィックの箇所を簡単に訳すとこんな感じです。確認してみてください。


・ホストの準備
何はともあれ、ビデオカードがちゃんとDirectX9に対応していないと駄目。対応しているなら
1. グラフィックのドライバを最新にする
2. デスクトップを「右クリック→プロパティ→設定→詳細設定→トラブルシューティング→ハードウェアアクセレータ」が最大になっているかを確認

・ゲストの準備
1. vmware-toolsを入れる
2. ディスプレイの設定で3D Graphicsを有効にする
3. DirectX9.0をインストール

コメントする |

カテゴリー » 戯言 September 28, 2008

あさっての次の日のことは? (ねたミシュラン)

http://netamichelin.blog68.fc2.com/blog-entry-946.html

「やなあさって」なんていう言葉、聞いた事ないです。
08:45 pm | コメントする |

カテゴリー » ソフトウェア » Linux September 26, 2008

fiDefrag - A filesystem independent defrag tool [ver 2.11] Linux

https://launchpad.net/fidefrag

Pythonで書かれたLinux用のデフラグツールです。対応ファイルシステムはext2、ext3、JFS、XFS、ReiserFSなどなど、UNIX系なら何でもいけるらしい。コピーして戻すだけっぽい。

XFSだったら専用の xfs_fsr を使った方がいいと思う

今現在tarボールの配布はしておらず、入手するには Bazaarというバージョン管理システムを使う必要があります。Fedora9へのインストールはこんな感じ
$ su -c "yum -y install bzr python-psyco"
$ bzr branch lp:fidefrag
$ cd ./fidefrag/src/
$ su -c "install -m755 fidefrag.py /usr/local/bin/"
$ su -c "install -m644 libfidefrag.py config.py /usr/lib/python2.5/site-packages/"
使い方は
fidefrag -a <dir> : ディレクトリにあるファイルの断片化具合を調査
fidefrag -d <dir> : デフラグ
# fidefrag -a /home/sawa/music
=== Analyzing /home/sawa/music - 947M - 217 Files ===
=== Building File List...
=== Building Extended File Info...
217 / 217 - 100%
6.04 MB 5 P 1.65 P/MB /home/sawa/music/foo.ogg
6.26 MB 3 P 0.92 P/MB /home/sawa/music/hoge.mp3

# fidefrag -d /home/sawa/music
=== Defragmenting /home/sawa/music - 947M - 217 Files - 5 Passes ===
=== Building File List...
--- Pass 1 / 5 ---
6.04 MB 5 P 1.65 P/MB /home/sawa/music/foo.ogg
--> Fully defragmented: 5.00 P --> 1.00 P. Appending to blacklist.
6.26 MB 3 P 0.92 P/MB /home/sawa/music/hoge.mp3
--> Fully defragmented: 3.00 P --> 1.00 P. Appending to blacklist.
--- Pass 2 / 5 ---
--- Pass 3 / 5 ---
--- Pass 4 / 5 ---
--- Pass 5 / 5 ---
=== DEFRAG OPERATION COMPLETE.
もし fidefrag -a で「ignored, found in exclude list.」と表示されたら、config.py で無視リストを変更します。

Linuxは断片化に強いという事で、何年間も普通に使っているハードディスクを調べてみても、ほとんどファイルの分裂は無かったです。やるだけ無駄でした。でも巨大なファイルを同時書き込みしようとすると、フラグメンテーションが発生する場合があるらしい。vmwareのファイルなんかは断片化するしね。

≪追記≫ x86_64環境だと python-psyco が対応してないので使えない?
01:12 am | コメントする |

カテゴリー » 戯言 September 21, 2008

無償のLinux用教科書,LPI-Japanが初級者向けに公開

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080916/314894/

大学のLinuxを使った講義でそのまま使える内容ですな。
11:26 pm | コメントする |

カテゴリー » 戯言 September 19, 2008

少年犯罪データベース

http://kangaeru.s59.xrea.com/

すげえサイトだな…

統計グラフを見ると、未成年による凶悪犯罪は激減していることがよく分かる。
10:58 pm | コメントする |

累計:1797614、今日:91、昨日:3476
Created in 0.0198 sec.