<<  2008.4  >>
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
 
リンク
その他
  • RSS2.0
  • Credit

  • SEO
    loading

    プライバシーポリシー

カテゴリー » Linux » Ubuntu April 29, 2008

Ubuntu 8.04 で VMware Player 2.0.3 / Workstation 6.0.3 (host and guest) Ubuntu

そのままでは動かない。同じ kernel-2.6.24 の Fedora は大丈夫なのに……

まずはUbuntu8.04をホストOSとして使う場合です。毎度のごとく vmware-config.pl で失敗します。
$ sudo ./vmware-install.pl
include/asm/bitops_32.h:9:2: error: #error only <linux/bitops.h> can be included directly
make[2]: *** [/tmp/vmware-config0/vmmon-only/common/cpuid.o] エラー 1
make[1]: ディレクトリ '/usr/src/linux-headers-2.6.24-16-generic' から出ます
make: *** [vmmon.ko] エラー 2
Execution aborted.
いつものようにany-anyパッチを使えばOK。
$ sudo apt-get install g++
$ tar xzvf vmware-any-any-update-116.tgz
$ cd vmware-any-any-update116
$ sudo ./runme.pl
VMplayerで動作を確認。

次はゲストOS。やっぱりVMware-Toolsでエラーが出て、/mnt/hgfs/ の共有フォルダが使えない。
$ sudo vmware-config-tools.pl
include/linux/types.h:40: error: conflicting types for 'uintptr_t'
/tmp/vmware-config0/vmhgfs-only/vm_basic_types.h:170: error: previous declaration of 'uintptr_t' was here
make[2]: *** [/tmp/vmware-config0/vmhgfs-only/cpName.o] Error 1
make[1]: *** [_module_/tmp/vmware-config0/vmhgfs-only] Error 2
make[1]: Leaving directory `/usr/src/linux-headers-2.6.24-16-generic'
make: *** [vmhgfs.ko] Error 2
Unable to build the vmhgfs module.
でも Ubuntu は open-vm-tools が用意されてるから大丈夫だもんね、と思って入れようとしたら
$ sudo apt-get install open-vm-tools open-vm-tools-gui
E: Couldn't find package open-vm-tools
なんで無いねん! 8.04のリリース前にはあったがな! 仕方ないので他の方法を探すと Unofficial VMware Tools updates for Linux guest systems にパッチを発見。FusionやServer向けのパッチもある。
私の環境では最初から入れ直さないと駄目だった
$ cd /tmp
$ tar zxvf /media/VMware\ Tools/VMwareTools-6.0.3-80004.tar.gz
$ sudo apt-get install patch
$ wget http://projects.tuxx-home.at/vmware/tools/6.0.3-80004/vmhgfs-6.0.3-80004-2.6.24.3.diff
$ tar xvf ./vmware-tools-distrib/lib/modules/source/vmhgfs.tar
$ patch -p0 < vmhgfs-6.0.3-80004-2.6.24.3.diff
$ sudo tar cvf ./vmware-tools-distrib/lib/modules/source/vmhgfs.tar vmhgfs-only
$ cd vmware-tools-distrib/
$ sudo ./vmware-install.pl
上の例では最初から入れ直しましたが、普通は既に入っている /usr/lib/vmware-tools/modules/source/vmhgfs.tar にパッチを当ててもいけるはず。とこかくこれでShared Foldersが使えました。画面の解像度が凄いことになったけと気にしない

マウスホイールが効かない件は
How To Enable Mouse Wheel Scrolling in Ubuntu Hardy on VMware Fusion
のように /etc/X11/xorg.conf を書き換えてログアウトしたら動いた。

CPU使用率が100%になる件は(私だけ?)vmware-user を kill する
$ pkill -9 vmware-user

≪関連≫
Fedora 9でVMware
07:16 pm | コメントする |

累計:730557、今日:3676、昨日:49531
Created in 0.0101 sec.