Top > Linux > Fedora > 11 > memo4

Fedora11 設定メモ その4

いろいろソフトをインストール
yumリポジトリの追加をしてないなら、先に済ましておく

 
 

Webブラウザ

メールソフト

オフィススイート

日本語環境改善拡張機能も合わせて導入するといい感じ

 

テキストエディタ

画像表示・管理

インストールはこれでいいが、オプションなどの日本語が文字化け状態。直すには一度

$ LANG=C picasa

で起動する(注意を受けても無視)。なぜか次からは文字化けしなくなる

なお、Linuxで動画管理は機能しない

≪参考≫
http://yakushiji.blog9.fc2.com/blog-entry-89.html

画像編集

RSSリーダー

インスタントメッセンジャー

Skype

インターネット電話

$ su  
# curl http://fedorasolved.org/multimedia-solutions/skype.repo -o /etc/yum.repos.d/skype.repo 
# echo gpgcheck=0 >> /etc/yum.repos.d/skype.repo 
# yum -y install skype 

以下のサイトをよく読むべし
PulseAudio+Skype
SkypeがPulseAudioに対応

クリップボードの履歴ログを取る

Compiz Fusionで3Dデスクトップ

[システム]→[設定]→[デスクトップ効果] を有効にすればCompizが動くが、これだけでは大した事ができない。一度無効にして以下のパッケージをインストール

$ su -c "yum -y install ccsm compiz-fusion-extras compiz-manager fusion-icon-gtk emerald-themes"

[アプリケーション]→[システムツール]→[Comipz Fusion Icon] で通知スペースにアイコンが出てくるので、そこから視覚効果を有効にすればいいと思う。常用するなら [システム]→[設定]→[自動起動] で fusion-icon を登録。

ウインドウ枠やタイトルバーの外観は fusion-icon のアイコンを右クリックして 「Select Window Decorator→Emerald」を選択した後、「Emerald Theme Manager」で変更できる。GNOME-Look.org で配布されている外観テーマを入れてみるのもよし。

タイトルバーとウィンドウ枠が透明で表示されない場合は fusion-icon で「Indirect Rendering」にチェックと入れると直るかもしれない

「CompizConfig 設定マネージャ」は項目が細かすぎてワケ分からん、という人向けに simple-ccsm というシンプルな設定ツールがあるのだが、何故かFedoraには収録されていない。どうしても欲しかったらUofficial版をインストールするべし

Compiz Unofficial Packages

Fedoraには少し古いバージョンの Compiz が入っている。何が何でも最新じゃないと嫌な人はこれを使おう。

$ su
# rpm -Uvh http://www.dfm.uninsubria.it/compiz/fusion/11/$(uname -i)/compiz-fusion-release-1-8.noarch.rpm 
# yum remove compiz 
# yum -y install compiz compiz-gnome compiz-manager \ 
compiz-plugin-peek compiz-plugin-screensaver compiz-plugins-extra \ 
compiz-plugins-main compiz-plugins-unsupported emerald-themes \ 
fusion-icon-gtk ccsm simple-ccsm 

simple-ccsmがあるのが嬉しい(設定→簡易版CompizConfig設定マネージャ)

圧縮・アーカイバ

GNOME以外のデスクトップ環境

ログイン画面下の「セッション」で切り替える

更新日 2010-03-30